えじの自由帳

今の自分を書きためるブログ

iPhone

iPhoneの電源ボタンが壊れてても再起動できるんだ

2014/09/03

a1180_008653

悲しいお話

最近、愛機iPhone5の電源ボタン(上についてるやつ)が効きづらくなってきました。

日頃の行いが悪いんでしょうかね……

電源ボタン(スリープボタン?)が効かないとなにがおこるかといいますと、

  • ロックできない(やばい)
  • スクリーンショットが撮れない(不便)
  • 再起動できない ← 昨日気づいた

こんなところでしょうか。

対策

AssistiveTouchを有効にする

そもそもロックすらできないと本気で困るのでどうするかといいますと、AssistiveTouchというものを使います。

設定 > 一般 > アクセシビリティ > AssistiveTouch からAssistiveTouchをオンにします。

20131218231755

画面上に半透明のボタンみたいなのが出てくればOK。それをタップして

デバイス > 画面をロック

とやれば画面がロックできます。

同じように

デバイス > その他 > スクリーンショット

でスクリーンショットが撮れます。

で、本題の再起動について

昨日、乗換案内アプリを使っていたら「iPhoneのメモリが足りん。再起動しちくり」みたいな警告が出ました。

「いや、できないから」

と心の中でツッコミました。

だって電源ボタン効かんし。

そう思いながら何気なくAssistiveTouchの「デバイス > 画面をロック」を長押ししたらなんということでしょう!

赤いスライダが出てきて無事に電源が落とせました! やったね!

しかしさらなるトラップが。

電源がつかない!(←アホ)

試行錯誤した結果、充電ケーブルにつなげば自動的に電源が入ることがわかりました。

まとめ

電源ボタンが壊れているときの再起動の方法は、

  1. AssistiveTouchをオンに
  2. デバイス > 画面をロックを長押し
  3. 充電ケーブルにつなぐ

でOKです!

追記(2014/09/03)

iPhone5で、かつある一定の期間に購入した人は、電源ボタンがきかなくなる不具合があるみたいです。

無料で修理してくれるみたいです。紹介記事を書きました

タダでiPhone5の「電池の持ち」や「電源ボタン」を直そう! Apple公式修理プログラム | えじの自由帳

タダでiPhone5の「電池の持ち」や「電源ボタン」を直そう! Apple公式修理プログラム | えじの自由帳
タダでiPhone5の「電池の持ち」や「電源ボタン」を直そう! Apple公式修理プログラム | えじの自由帳

↓おすすめ超強力モバイルバッテリー


↓Appleの認証済のLightningケーブル。接続が微妙なときに

 iPhone