えじの自由帳

今の自分を書きためるブログ

Web

迷えるブロガーに捧ぐ。本名でブログをやるメリット・デメリット

2014/09/04

MIYAKO85_umidemoshigoto20140726500 (1)

迷えるブロガーに捧ぐ、なんてタイトルをつけてしまいましたが僕自身が迷えるブロガーでした。えじ(@ejinote)です。

最近、本名でブログをやる人が増えているように思います。
僕も本名でブログをやるという誘惑に何度も何度も駆られているのですが、未だに踏み切れておりません。

たぶん世の中には僕と同じ境遇のブロガーさんもたくさんいらっしゃると思うので、ここらで一発まとめておきましょう!

そもそも名前出している人ってどんな人なんだろう

名前を出している人たちはこんな感じ。

  • 芸能人の皆様(市川海老蔵さんほか)
  • Webデザイナーの皆様
  • No Second Life(立花岳志さん)
  • Xperia非公式マニュアル(染谷昌利さん)
  • Number333(PITEさん/堀口英剛さん)

本名を出している人は知名度が利益につながる芸能人の方や、
フリーで仕事をしているWebデザイナーの方が中心です。

反対に、出していない人たちは、

  • ちきりんの日記(ちきりんさん)
  • 和洋風KAI(するぷさん)
  • ネタフル(コグレさん)
  • OZPAの表4(OZPAさん)

ちきりんさんがもっともわかりやすいでしょうか。
あれだけ大ヒットしているブログなのにも関わらず、本名も顔も一切公開していません。

(OZPAさんはFacebookから本名分かったりしますが、本名を全面に出して活動していないということでこちらに入れさせていただきました)

特別に名前を売りたいという場合を除いて本名出しの有無はヒット度に大きく関係しないということなのでしょう。

本名出しのメリット

MIMIYAKO85_ukiwaboy20140726500

やっぱり物事を考えるときはメリットデメリットから考えるのがよいでしょう。

気持ちイイ。開放感がある。

Facebookが流行っているのって、「今まで『実名は出すな!』って言われてきたネットで実名を使って濃いつながりができるから」っていう要素が外せないと思うんですよ。

抑圧からの解放と言うんでしょうか。

名前を出して、自分をアピールして全世界の人に自分のことを知ってもらえるっていうのはとても気持ちイイんだと思います。

人格を使い分けなくていい

日頃の「あー腹減ったー」みたいなどーでもいいことから「○×■※△」みたいなはずかしいことまでつぶやいているTwitterアカウントを、大学の知り合いや職場の同僚に知られたら恥ずかしいものです。

別にはずかしいことじゃなくても、妙に偉ぶってたりライフハックにいそしんでいたりするブログとかも知られたら嫌ですよね。

でも、隠しているからこそバレたら恥ずかしいわけで、あらかじめオープンにしておけば恥ずかしさを感じることも減るはずです。

これぞノーガード戦法

アクセスアップ

「あ、この人本名で活動してる。この人の情報は信用できるんだなぁ!」

となることによってアクセスアップが可能になる(かもしれません)。

ちなみに。

ちょっと前まではGoogleの検索結果にGoogle+のプロフィール画像をのっけることが出来たので、本名&顔出しには大きな意味がありましたが、今では表示されなくなっています。(僕が本名顔出しに魅力を感じなくなった理由の1つがこれです)

セミナーとかやるときには必要(?)

芸能人やWebデザイナーが本名で活動しているのと同じ理由で、セミナーやらセルフブランディングやらやっている(プロ)ブロガーの皆様は本名出しで活動するのがよろしいのでしょう。

(ところでブロガーのやってるセミナーっていったい何話すんでしょう。ブログのアクセスアップのこととか話すのかな?)

じゃあ、デメリットは何だろう

MIMIYAKO85_nishinohamanomado20140727500

恥ずかしいこと書けない

メリットの「人格を使い分けなくていい」と裏表ですが、
あまりに生活感があることや強烈な下ネタなどは書きづらくなると思います。

ストーカーリスク

デメリットを挙げようと思ったらこれが一番大きいと思います。

知り合いが職場や学校にばらまくかもしれないし、
イタ電がかかってくるかもしれない。
リアルでストーカーされるかもしれない(これは自意識過剰な気もしますが)。
ブログがヒットすればするほど、ワケワカラン奴に絡まれる可能性は高まります。

ほんとうに日々を穏やかに過ごしたいと思ったら障害となる可能性は全力で排除すべきでしょう。

ただし。

世界は広いのです。書店でどんなトンデモ本が並んでいたとしてもその著者に怪文書を送りつけようとは思わない
のと同様、自分のブログなど世間の大半の人間は読んでいないということには留意する必要があるでしょう。

まとめ

メリットデメリットをいろいろ挙げてみましたが、本名出しの是非について、決定的な論拠は出すことができませんでした。

大ヒットブロガーを見る限り、本名を出さないから大ヒットしない、ということもなさそうですし、
Google検索結果への顔表示もなくなりました。

あなたが今ハンドルネームで活動していて、ブログを書いていて「だあああ! ハンドルネームめんどくせえ! もう本名出したるで!」みたいな状況にならない限りはハンドルネームで全然問題なさそうです。

今後当分の間、僕は本名出さずに活動していくつもりです。それでは!

 Web